ライオンの狩り動画[タンザニアのサファリ]

サファリ3日目の予定はレイクマニャーラ→キリマンジャロ空港。朝早くに出発し、日の出を見てからレイクマニャーラへ向かった。んで国立公園内に入って5分くらい車を走らせると、、、

木が倒れていて進めない!!

昨日の雨風によって倒れた模様。ガイドのアモスが言う。「残念。先へ行くのは無理だ。今日どうする?」と。代案は特にない様子で悪びれずに言う。あの~、今日一日分の料金として1人130ドル×4の520ドルも払っているんですが、、、

仕方がないのでガイドブックを広げ、アルーシャ近郊にある蛇博物館に行くことにする。入場料の10ドルはこちら持ち。アモスの、俺のせいじゃないし、的な態度が嫌なんだよ。機転を利かせるポイントは幾つもあったのに。

そんなわけで蛇博物館へ行き、アルーシャにて僕は降ろしてもらって、タケとリリーとミッちゃんの3人は空港へ。夢のような10日間が終わった。

サファリ3日目はレイクマニャーラへ行けず不本意ではあったけど、3人と一緒にいたら楽しいから良かった。逆に言えば友と来てなければ大不満だったと思う。サファリ自体も、タケとリリーとミッちゃんと来たから最高の時間を過ごすことが出来た。

ありがとう。

で、今回の記事。実はもう1つトピックがあって、それはライオンハンティング。この後にナイロビで出会ったシンさんとシンゴがサファリにてランオンのハンティングを見たのだ。その写真と動画がすごかったので、掲載許可をもらい公開。

ちなみにケニアのマサイマラ国立公園のサファリはbig safariというツアー会社を通じて1日90ドルくらいで行けるので、タンザニアより大分安い。聞いたところ内容に差異はあまりなさそう。ただ、2012年3月において、シンさんとシンゴがマサイマラで見られなかったヌーを、僕らは2月にンゴロゴロでたくさん見たので、ヌーはタンザニア側に移動しているのだと思われる。


サファリ中の宿はプール付き!


晩御飯の様子。


レッドバナナを買ってみた。イエローよりも甘い感じ。値段は忘れたけど、イエローの5倍~10倍くらい。


巨大な蟻の巣。


走れる薬剤師のタケが、アフリカの大地を駆ける。


レイクマニャーラに入れないということで、連れられてきた土産屋。


仕方がないので、蛇博物館に来た。


まあ、どこにでもある感じ。それでもみんなでいれば楽しいので、良かった。

そして以下がライオンハンティング。この記事、実はこっちがメイン。


ハンティング前のフォーメーション。


獲物を見つめている。


捕えられたバッファロー。


死闘が始まった。動画がすごいので、良かったら以下の動画を見てください。

ライオンの狩り動画1

ライオンの狩り動画2

ライオンの狩り動画3

ライオンの狩り動画4

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です