takahirosuzuki.com

地域おこし協力隊、田舎暮らし、漫画、ボードゲーム、謎解き、自転車世界一周について書いています

タンザニア

ザンジバル島の日本人宿マライカゲストハウスと釣り+シュノーケリングツアー

投稿日:2012年3月24日 更新日:

ザンジバル島の南東に位置するジャピアーニへやって来たのはマライカゲストハウスという宿があるからだ。この宿の評判を2年前に南米を旅していたときに聞いた。日本人宿で働いていたことがあるオーナーのハジさんのホスピタリティは素晴らしく、朝夕2食付く料理が美味しいという。2年越しの期待はずいぶんと大きくなっていた。

アフリカの中で訪れたい場所の1つであったザンジバル島。その目的はマライカゲストハウスにある。美しい海の近くにある宿の値段は2食付で10ドルだと聞いていた。ザンジバル島行きのフェリーで出会った韓国人4人に日本人の間での評判を話し、彼らを連れてマライカにやって来たのだ。

とりあえず値段を聞いてみると、ハジさんから返ってきた答えは15ドル。あれ?ネットで調べた2週間ほど前の情報でも10ドルだったのになんで??その答えはどうやら改装したからであり、電気が通るようになりベッドなどを新調したらしい。それに合わせて4日前から15ドル値上げしたと。

設備投資の資金を回収するための値上げということは分かる。ただ、2食付10ドルという値段に惹かれてやってきたのは間違いない。2食付き15ドルだったらそこまで安くないし、連れてきた韓国人たちに説明していた内容と食い違ってしまった。

そこいらの事情をハジさんに伝えてちょっと値下げしてもらう。韓国人たちにも納得してもらい、僕の面目も保つことが出来たので助かった。ザンジバルから出ようとする彼らをわざわざ連れてきただけにね。

ベッドで横になって情報ノートを見てみると、そこには驚くべき内容が書かれていた。なんとハジさんへの苦言ばかりなのだ。ホスピタリティ溢れるタンザニア1の男という前評判はいずこへ?

よく読んでいくとどうやら酒癖が悪いらしく、酒を飲んだら最悪という話であった。宿代は1晩ずつ払うこと、なんて書かれている。ここでまったりするつもりで数日分払っちゃったよ。

そんな感じで始まったマライカライフ。ハジさんは結局酔っ払うことなく、普通にいい人であった。それほどホスピタリティが優れている感じもしなかったけど。2泊した後に韓国人らがタンザニア本土へ戻っていき、僕はさらに3泊した。居心地はそれなりに良かったが、朝晩の料理のバリエーションが少なく味もそれなりなので飽きる。ハジさんは料理が美味いんじゃなかったのか?

そんなマライカでの5日間を写真で紹介。

0 (18)
韓国人を4人連れてきたのだ。

0 (17)
大きいサイズで1個2000シリング(100円)のパイナップルを切ってみんなで食す。

0 (16)
タンザニア初ビール!!みんなで飲むとより一層気持ち良く飲める。

0 (14)
3日目に韓国人らとお別れ。シューノーケリングや散歩をしてまったりと楽しんだ。

0 (12)
マライカの目の前に広がる海。

0 (11)
街のはずれで夕方に毎日サッカーをしているので混ぜてもらった。テクニック的には負けてないと思ったけど、みんな体力ありすぎ。ついていけたのは始めの20分くらいのみ。70分くらいのところで交代してもらった。ちなみに自転車体力とサッカー体力は全然違う。

0 (10)
6km離れたパジェに自転車に遊びに行ったときの景色。

0 (9)
宿にサンブサを売りにくる少年。

0 (8)
釣り+シュノーケリングツアーに1人で参加。韓国人が去った後は誰も来なかったからさ。半日で10000シリング(500円)。魚を大量に釣り、ウニを大量に採ってきた。

0 (7)
魚はフライと刺身にしてもらった。ハジさんに捌いてもらうと魚の皮がついたままなので、自分でやった方がいい。ハジさんが料理美味いという噂はどこから来たんだろう。

0 (6)
遊びに来た女の子。

0 (5)
海辺を散歩。

0 (4)
美しい景色が続く。

0 (3)
マサイの人もいる。

0 (2)
海に出た日の夕食は豪華になる。

0 (1)
一皿のウニ。贅沢の一言。

韓国人4人としばらく一緒に生活していて、日本語と同じ韓国語が幾つもあることに気付いた。折角なので紹介。
・鞄
・鉛筆
・産卵期
・無理
・無料
・微妙な三角関係
・注意
・酸素

これらは意味も発音も同じ。

意味は同じで発音が似ているものも幾つか紹介。()内が韓国語の発音。
・雰囲気(ぷんうぃーき)
・教授(きょうす)
・注目(じゅーも)
・興味津々(ふんみーじんじん)

韓国人の前で使うことを気を付けた方が良い日本語があった。
・けっせき(欠席、血石)
・しばしば
「けっせき」は韓国語でビッチ(淫乱)の意味らしい。「しばしば」はファック(ぶっ殺す)とのこと。

以上がちょっとした豆知識。韓国語を学ぶのも面白そうだ。

336×280

336×280

-タンザニア

執筆者:


  1. ウェルカムドリンクサービスを始めました。 | 古民家の宿 十明山荘 より:

    […] http://takahirosuzuki.com/2012/0324143341 […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

[企画]アフリカよりあなたに葉書が届きます-途中経過

「アフリカよりあなたに葉書が届きます」という企画を西サハラにいるときに発表した。世界一周ブログランキングで1位となったら参加者にアフリカから葉書を送るというもの。当時で10番台前半だった順位はキリマン …

[キリマンジャロ登山]8.カランガキャンプからバラフキャンプへ

昨日の夜に寝袋へ潜ったときは、幼少期の遠足の前日のようなわくわく感につつまれていた。そう、本日はいよいよアフリカ大陸最高峰の頂を目指す日。目覚めた瞬間から身体の隅々まで神経が通っていることを感じる。頭 …

タンザニア旅行でマラリアの恐怖

肌を焦がす音が聞こえてくるような灼熱の太陽光が降り注ぐ中で、相変わらず自転車を漕ぎ続けていた。代わり映えのしない風景が気力を削ぐ。そんな中で気付いたのは、タンザニアは道の脇に続くわずか数百メートルの集 …

[キリマンジャロ登山]2.ルート難易度とツアー会社と費用

タケとリリーとミッちゃんがやってくるのは2月17日~26日の9泊10日。わざわざ日本からやってくる彼らに最高の10日間を過ごして欲しいと考えるのは当然だろう。僕が早めに現地に入り、スムーズな行程で進む …

[キリマンジャロ登山]5.登山初心者と高山病と難易度

キリマンジャロ登山2日目。テント内は快適で、良い目覚めだった。テントの外の冷気の中に身を置き、内に残ったけだるさを吹き飛ばす。頂き付近の雪がかかっているところを眺めながら軽く柔軟体操をした。今日は、富 …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。