takahirosuzuki.com

地域おこし協力隊、田舎暮らし、漫画、ボードゲーム、謎解き、自転車世界一周について書いています

モロッコ

シディイフニとグエルミンの安宿と自転車旅のターバン[モロッコ]

投稿日:2012年2月11日 更新日:

まずは写真を見て欲しい。

1 (35)

荷物を積載した2つの自転車で支えあうと自立するということを聞いた。タロウの自転車と僕の自転車でそれを試したのが上の写真。

う~ん、、、バックがお揃いで支え合っている感じが気持ち悪い。なんだかすごくキモチワルイ。これってさ、カップルみたいだよね。タロウも同様に感じていたようで、お互いになんか嫌だという想いが合致し、この技を使ったのはこれっきり。

そしてこの写真。

1 (34)

2人でターバンを探していた。1枚の布を買って半分にした方が安くない?ってことで1枚の大きい布を買って切ったわけ。うきうきして早速付けてみたのね。んで写真を撮りました。

気持ち悪いよね。うん、キモチワルイ。おそろいで街は歩けない、と。

タロウとはグエルミン(Guelmin)でお別れした。タロウはポルトガルへ、僕はセネガルへ。お互い己の道を進むときが来たようだ。友よ、本当に最高の時間を、ありがとう!

2 (36)

ティズニット(Tiznit)からシディイフニ(sidi ifni)へ向かう道は緑に溢れていた。アガディールからティズニットへの何もない道とえらい違い。

2 (35)

羊がいっぱい。

2 (34)

ただ、アップダウンが続く。

2 (33)

景色はナイス。

2 (32)

途中の街で観たジムの写真。誇張しすぎだろ。

2 (31)

下れば登るわけで、、、

2 (30)

シディイフニは青の街。モロッコは海沿いの街は青、内陸の街は赤茶、と場所によって街の色が決まっている。

2 (29)

この宿は2人で80DH(800円弱)。シャワーなし、wifiなし。ここから徒歩10分のシャワー屋は12DHだった。

2 (28)

南下するにつれて衣服が鮮やかな色になってきた気がする。

2 (27)

いろいろな人の評判が良かったので立ち寄ったシディイフニだったけど、僕らはあまり惹かれなかったので翌朝に出発。

2 (26)

サハラ砂漠入り口の街グエルミン(Guelmim)を目指す。

2 (25)

相変わらずアップダウンが続く。景色はいい。

2 (23)

この中国語はどういう意味だろうか。別の話しだけど、車にマジックでSUZUKIやTOYOTAと書かれた車をちょいちょい見かけ、日本車のブランド力を感じた。

2 (22)

グエルミンに到着。予想以上の規模。

2 (21)

賑わっている。

2 (20)

2 (19)

宿の屋上からの一枚。宿は2人で80DH(800円弱)でホットシャワーあり、wifiなし。安かったけどダニがいた。

2 (18)

サボテンが売っていた。

2 (17)

夕刻に散歩。日中は日差しが暑過ぎる。

2 (16)

路地の目立たないところでアルコールが売っているのだよ。右置くの壁の裏側に入り口がある。

2 (15)

ターバンの生地はこの中から選んだ。60DHを55DH(550円弱)に値切り、それを半分に切った。

2 (14.5)

部屋で撮影会。

2 (14)

ビールとタジン。

2 (9)

魚定食は20DH(200円弱)。

2 (7)

夕方から屋台が出始める。

2 (6)

生焼けの場合があるので注意を。サンドイッチで5DHくらい。

2 (5)

通い続けたwifiが繋がるカフェ。アボガドジュースをひたすらに飲み続ける中、途中からチョコレートアボガドジュースにしてくれた。これが美味いのなんの。アボガドジュースは12DH。

2 (4)

通い続ける店の人たちとは仲良くなる。

2 (2)

タロウとのお別れのとき。ここからは再び1人だ。

2 (1)

サハラ砂漠縦断ということで完全防備。ターバンチャリ開始!

336×280

336×280

-モロッコ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

マラケシュの女性向け日本人宿house13[モロッコ]

ベルベル語で神の国を意味するマラケシュは、世界遺産に登録されている場所。特にメディナ(旧市街)は必見と言われている。メディナ内のフナ広場では夜になると屋台が並び、その活力と迸るエネルギーから来る客引き …

セウタでの出国検査とティトゥアンの安宿[シェンゲンビザ]

スペインからモロッコに入ることは、広域で見るとヨーロッパからアフリカへの移動を意味する。ヨーロッパという世界の中で安全な場所に半年弱滞在し、アフリカという危険なイメージを持つ場所に移るにあたって緊張感 …

no image

モロッコへ入国「声をかけられる数」と「ゴミの量」が100倍に

旅を始めてから617日目。2009年11月17日に旅を始めたので、出発から丸二年の月日が流れたことになる(617日目の理由は一時帰国の日数をカウントしていないから)。明日で3年目突入。時の流れとはおそ …

シェフシャウエン:モロッコの世界一メルヘンな青い街

出会いは突然やって来た。 ティトゥワンから65kmほど南下してやってきたシェフシャウエン(Chefchauen)に甚く驚いた。なんと、街が青いのだ。だがそれは青々しいわけではなく、基調としている白の中 …

上温湯隆の「サハラに死す」からサハラ砂漠自転車旅行

サハラに死す―上温湯隆の一生 (講談社文庫) posted with ヨメレバ 長尾 三郎 講談社 1987-07 Amazon 楽天ブックス この本無くして僕がサハラ砂漠を自転車で縦断しようと思うこ …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。