takahirosuzuki.com

地域おこし協力隊、田舎暮らし、漫画、ボードゲーム、謎解き、自転車世界一周について書いています

モロッコ

自転車世界一周に定義は不要!

投稿日:2012年2月10日 更新日:

何度も書いてきたことだけど、僕は自転車で旅をすることに対する拘りはない。公共交通機関を使っても構わないし、旅の移動手段は自転車でなくてもいい。自転車で旅をすることがわくわくするから今も続けているだけだ。最も走りたかったヨーロッパ、次点に走りたかったパタゴニアを無事自転車で駆けることが出来て大満足というのが現状。(オランダで盗難にあったけど泣)

実際、旅の始めから今まで自転車旅をいつ止めるとも知れなかった。だから僕は今まで自転車世界一周という言葉を用いることは避けた。自転車世界一周ですか?と聞かれても

「世界一周中だよ、今は自転車でね。」

と微妙にぼかしたニュアンスで答えた。違いを認識して聞いた人が多かったとは思わないけど、そこに想いを含めたのだ。

ただ、モロッコに入ったあたりで気持ちに変化が出てきた。旅に出発してからの期間は約2年となり、そのほとんどが自転車旅。走行距離も約2万キロとなった。アメリカから出発して中南米、東南アジア、ヨーロッパに轍を残し、アフリカ大陸を走り始めた。オランダで自転車を盗まれても再び手に入れて走っている。今自転車旅をやめても、旅の大半は自転車と一緒ということになるだろう。

そろそろ「自転車世界一周」と言ってもいいような気がしている。

おまけ

7

6

5

4

3

2

1

336×280

336×280

-モロッコ
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

サハラに死すを読んで自転車サハラ砂漠縦断へ[モロッコゲルミンguelmim]

旅を始めてから651日目。 サハラ砂漠の入り口の街までやってきた。奇跡の出会いをしたタロウとはこの街でお別れとなる。僕は南西へ、彼は東へ。砂漠へ向かう前にゆっくりと体を休めてから出発するつもり。それま …

世界三大うざい人種のモロッコ人と触れて思うこと

世界三大うざい人種、というのが旅人間で噂されている。 「インド人、エジプト人、モロッコ人」 フェズとは肌が合わないと感じた大きな原因はしつこく付きまとってきてお金を請求するモロッコ人だった。話かけてく …

上温湯隆の「サハラに死す」からサハラ砂漠自転車旅行

サハラに死す―上温湯隆の一生 (講談社文庫) posted with ヨメレバ 長尾 三郎 講談社 1987-07 Amazon 楽天ブックス この本無くして僕がサハラ砂漠を自転車で縦断しようと思うこ …

日本人チャリダー林原太郎との出会いとカサブランカの安宿[モロッコ]

この旅は2009年の11月にアメリカからスタートした。走行を開始してほんの数日後に、道中で日本人チャリダーのヨシとカズに出会った。その後1ヵ月間を共に過ごすのだが、そのときにこんなことを思った。 「こ …

セウタでの出国検査とティトゥアンの安宿[シェンゲンビザ]

スペインからモロッコに入ることは、広域で見るとヨーロッパからアフリカへの移動を意味する。ヨーロッパという世界の中で安全な場所に半年弱滞在し、アフリカという危険なイメージを持つ場所に移るにあたって緊張感 …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。