takahirosuzuki.com

地域おこし協力隊、田舎暮らし、漫画、ボードゲーム、謎解き、自転車世界一周について書いています

モロッコ

世界三大うざい人種のモロッコ人と触れて思うこと

投稿日:2012年1月10日 更新日:

世界三大うざい人種、というのが旅人間で噂されている。

「インド人、エジプト人、モロッコ人」

フェズとは肌が合わないと感じた大きな原因はしつこく付きまとってきてお金を請求するモロッコ人だった。話かけてくるので適当にあしらっているとガイド料をよこせと言ってくる。かといって無視しているとファックだの中国人だのと捨てゼリフを言って去っていくのだから気分が悪い。そんなんが入れ違いに何度も何度もやってくるからうんざりする。

フェズからメクネスへ戻り、ラバトを目指して自転車を漕いだ。道中は通常の旅人はバスでスルーしてしまう街ばかり。そこで出会ったモロッコ人は優しく、しつこく付きまとうことなく笑顔で対応してくれる。すれていない田舎のモロッコ人に癒されていた。モロッコ人がうざいなんて一概には言えない。

世界三大うざい人種と言われるモロッコ人は観光客によって作られた、とも言えるのでは?僕ら旅人の態度や振る舞いが彼らをそうさせたのだとしたら、うざいと批判することってどうなんだろうと思ってしまう。巡り巡って自分らに返ってきているということではないのか。

そんなことを頭の片隅で考えながら、ぼんやりとペダルを回していた。また、こんなことも頭をよぎった。通常の旅人が行かない場所を訪れる自転車旅は、肌感覚で都市と田舎の違いが分かる。これって自転車旅の魅力だよな、と。

1 (24)

緑がいっぱい。

1 (23)

木々が傾いているのは風が理由のことが多いけれど、南向きの場合は太陽に向いた可能性もある。

1 (22)

タジンをむしゃむしゃ。30DH(300円弱)。

1 (19)

ノリノリの親父。

1 (18)

ごみがそこいらに捨てられているのは途上国の証。

1 (17)

1 (16)

選挙が近いからかビラを投げまくっていた。

1 (15)

屋台のサンドイッチは4DH(40円弱)。

1 (13)

みかんが幾らかフランス語で聞いてみたが伝わらず。味見したいと思われたのか皮をむいたみかんを渡された。折角だから買おうと思い、5個のみかんを選ぶ。あんまりいっぱい買うと荷物になるから1日分で十分。そうするとたったの5つ!?なら持っていけよ、とただでくれた。申し訳ない気持ちと有難い気持ちが交錯する。これが田舎の優しいモロッコ人。

1 (14)

ありがとう!

1 (12)

路上での靴の並べ方。

1 (11)

1 (10)

辺鄙な街にカラテ道場。

1 (9)

カボチャでかくね。

1 (8)

ズボンとネクタイの並べ方。

1 (7)

バーゲンセールの様子。籠に入った服を必死に漁っている最中。

1 (6)

夕方になると人がどんどん集まってくる。毎日同じものが並ぶのに、みんな何を買っているの?

1 (5)

日が落ちるとみな帰宅してゆく。

1 (4)

モロッコの道の舗装状態はいいなあ、と思っていたら、日本が支援していた。

1 (3)

1 (2)

羊飼いのにーちゃんと一枚。

1 (1)

首都ラバトへ到着!

336×280

336×280

-モロッコ

執筆者:


  1. つる より:

    靴とズボンの並べ方斬新ですね!タジンみたい☆

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

セウタでの出国検査とティトゥアンの安宿[シェンゲンビザ]

スペインからモロッコに入ることは、広域で見るとヨーロッパからアフリカへの移動を意味する。ヨーロッパという世界の中で安全な場所に半年弱滞在し、アフリカという危険なイメージを持つ場所に移るにあたって緊張感 …

日本人チャリダー林原太郎との出会いとカサブランカの安宿[モロッコ]

この旅は2009年の11月にアメリカからスタートした。走行を開始してほんの数日後に、道中で日本人チャリダーのヨシとカズに出会った。その後1ヵ月間を共に過ごすのだが、そのときにこんなことを思った。 「こ …

no image

モロッコへ入国「声をかけられる数」と「ゴミの量」が100倍に

旅を始めてから617日目。2009年11月17日に旅を始めたので、出発から丸二年の月日が流れたことになる(617日目の理由は一時帰国の日数をカウントしていないから)。明日で3年目突入。時の流れとはおそ …

no image

モロッコラバトで取得するモーリタニアビザ

旅を始めてから633日目。 アフリカ大陸のどこを走るか。ルートを決めるのに時間がかかっていた。治安の懸念が情報収集の時間を増やし、調べ始めると治安以外の情報もついつい見てしまう。きりがなかった。 僕は …

自転車世界一周に定義は不要!

何度も書いてきたことだけど、僕は自転車で旅をすることに対する拘りはない。公共交通機関を使っても構わないし、旅の移動手段は自転車でなくてもいい。自転車で旅をすることがわくわくするから今も続けているだけだ …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。