takahirosuzuki.com

地域おこし協力隊、田舎暮らし、漫画、ボードゲーム、謎解き、自転車世界一周について書いています

モロッコ

セウタでの出国検査とティトゥアンの安宿[シェンゲンビザ]

投稿日:2011年12月25日 更新日:

スペインからモロッコに入ることは、広域で見るとヨーロッパからアフリカへの移動を意味する。ヨーロッパという世界の中で安全な場所に半年弱滞在し、アフリカという危険なイメージを持つ場所に移るにあたって緊張感がまるでなかった。今までの旅の経験が慣れを生んだからだと思い、意識的に気を引き締めて国境へ向かった。

スペイン側セウタでの出国検査はゆるゆるだった。去る者はどうでもよいと言ったところか。出国のスタンプがもらえなかったけれど、イギリスのときもそうだったし大丈夫かな。モロッコ側の入国検査はネット上で結構めんどうくさいという情報があったけれど、全く問題なし。書類を記入しスタンプを押してもらうまで5分もかからなかった。荷物チェックも行われず。

緊張感のないまま国境へ向かい、あまりにもスムーズに手続きを終えた。だが、モロッコへ入国してすぐに空気が変わったことに気付く。人の容貌がかわり、建物の形状がかわった。それらは事実だけれど、そんなことではなくて、肌を纏う空気が明らかに違ったのだ。意識的に気を引き締める必要などなく、自然と注意深くなる。アフリカ大陸へやってきたことをまさに肌で感じた。

セウタから60㎞程のティトゥアン(Tetouan)が本日の目的地。旧市街が世界遺産に登録されている。メディナと呼ばれる旧市街の探索が楽しみだった。平坦な道が続いたため、昼過ぎには到着。街の中心へ行ってみると、すぐに宿の客引きが声をかけてきた。時間もあることだし、まずはどんなもんかと案内されてみる。連れられていったところはホテルアフリカで、至ってシンプルなシングルの部屋が50DH(約500円)。勝手が分からないし、とりあえず腰を落ち着けてモロッコの様子を見ることにした。

夕方に旧市街を散歩して宿に戻ったとき、体が芯から疲れていることに気付いた。そんなことにはお構いなしに、宿のオーナーや取り巻きたちはいろいろ話かけてくる。お茶を入れてくれたり、これ食べてみろと家庭料理を出してくれた。けれど彼らを信じ切っていない僕は、睡眠薬が入っている可能性や値段が上乗せされる懸念を捨て切れずに対応する。注意を払いながらも楽しむというのは体力が必要で、無理をしているから気疲れしてゆく。モロッコ人との距離感がつかめておらず、余計にしんどい。その日は夜9時にはベッドに入り、朝起きたら9時だった。

今はもっとプライベートな感じの宿でゆっくり休みたいと思い、翌日はペンションイベリアという宿へ移動。60DH(約600円)とちょっと値段は上がったが、清潔な部屋がいい感じ。街をぐるぐる回っていると全てが目新しくてうきうきした。メディナを彷徨い、屋台で摘まみ食いをする。勿論モロッコ料理もしっかり食べた。長らく滞在していたヨーロッパとは異なる文化圏に来た刺戟を味わう。これぞ旅!

再び12時間の睡眠を貪り、体力を回復させた。

1 (35)

モロッコで使う地図。ぶどうはユーロの小銭を使い切るために買った。

1 (34)

建物が変わった!

1 (33)

自転車レーンがある。前傾姿勢で早そうなマークを見ていると、ちんたら走っていてはだめな気分に。モロッコで自転車はそういうイメージなのかな。

1 (32)

初日の10㎞にしていきなりパンク。しかも前後輪。不安がよぎる。

1 (31)

声をかけられる数が100倍くらいになった。同時にごみの量も100倍に。

1 (30)

モロッコサラダ15DH(約150円)。野菜不足になることはなさそうだ。

1 (29)

ティトゥアンに着いたのは13時頃。宿に荷物を置き、散歩開始。

1 (28)

1 (27)

1 (26)

世界遺産に登録されている旧市街(メディナ)をうろうろ。迷路のよう。

1 (25.5)

1 (25)

1 (23)

屋台でつまみ食い。上の豆が1DHで下のプリンが2DH。普通に美味しいので、モロッコの食への期待が高まる。

1 (22)

1 (21)

1 (20)

夕刻には人の気配が濃厚に。途上国の香りがぷんぷんする。

1 (19)

みなさんが礼拝しております。

1 (18)

上から見るとこんな感じ。

1 (17)

メディナの入り口には門がある。

1 (16)

メディナは壁で囲われいる。

1 (15)

ホテルアフリカの人々。良い人たちだった。

1 (13)

50DHの部屋。

1 (12.5)

朝ごはん。パンが2.5DH(約25円)と搾りたての100%オレンジジュースが6DH(約60円)。

1 (12)

お昼はタジンにした。30DH(約300円)。

1 (10)

メディナの中にぷりぷりプリンが!

1 (9)

非常に美味しかったので2日連続で食した。初日が1.5DHで2日目が3DH。なんで???

1 (8)

このおっちゃんがトレードマーク。

1 (7)

賑やか。

1 (5)

中心の広場に面しているアイス屋さんでワッフル。贅沢にアイスが載って12DH(約120円)。

1 (4.5)

パン屋のお姉さん。写真撮影の許可はもらっている。基本的には撮られることを嫌がるけど、OKがもらえることもある。

1 (4)

1 (3)

1つ3DH前後。味はまあまあ。

1 (2)

ホテルイベリアの部屋は60DH。

1 (1)

ティトゥアンには合計2泊し、日の出とともに出発した。

336×280

336×280

-モロッコ
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

カメラピープルの展示作品に選ばれた:モロッコケミセット(khemisset)

旅を始めてから625日目。 シェフシャウエンで3泊して身体を休めた後、改めて南下してゆく。聖者の街ムーレイイドリスとローマ時代の遺跡ヴォルビリスを経由し、3日かけて古都メクネスへ。巨大な迷路と言わしめ …

自転車世界一周と日本一周の定義について

世界一周ってなんだろう。 2004年に僕は自転車で日本一周した。本土の最北端、最東端、最西端、最南端を回ることを日本一周と定義し、早稲田大学の大隈講堂を発ち、海岸線沿いをぐるっと回って大隈講堂に帰って …

上温湯隆の「サハラに死す」からサハラ砂漠自転車旅行

サハラに死す―上温湯隆の一生 (講談社文庫) posted with ヨメレバ 長尾 三郎 講談社 1987-07 Amazon 楽天ブックス この本無くして僕がサハラ砂漠を自転車で縦断しようと思うこ …

no image

モロッコへ入国「声をかけられる数」と「ゴミの量」が100倍に

旅を始めてから617日目。2009年11月17日に旅を始めたので、出発から丸二年の月日が流れたことになる(617日目の理由は一時帰国の日数をカウントしていないから)。明日で3年目突入。時の流れとはおそ …

日本人チャリダー林原太郎とペアラン[モロッコ]

エッサウィラでジュリアンと別れ、再び3人からタロウと2人になる。アップダウンのある海岸線の道を南下し、キャンプをしつつアガディールへ向かう。アガディールではマラケシュ以来のビールに舌鼓を打ち、惜しむこ …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。