takahirosuzuki.com

地域おこし協力隊、田舎暮らし、漫画、ボードゲーム、謎解き、自転車世界一周について書いています

スペイン

ランチから考えるスペインの物価 Menu del dia

投稿日:2011年12月21日 更新日:

スペインといったらバルで一杯楽しむことは欠かせない。それに負けないのがMenu del diaと呼ばれるランチである。バルをはしごしていると、気付けば20~30ユーロくらいかかっている。それに比べてランチは6~15ユーロ程度で楽しめるのが魅力だ。勿論店それぞれだが、しっかりとボリュームがあることが多く、それは自転車乗りにとって有難かった。

基本は前菜・主菜にパン。前菜と主菜は幾つかの中から選べることが多い。それに加えて店によってドリンクやデザートがついている。ワインが好きならVinoが含まれている店、甘いものが好きならpostreが含まれている店が良いだろう。ただしデザートは店によってレベルが違いすぎるので、内容を確認した方がいいかも。そこらのスーパーで売っているアイスやヨーグルト、またはバナナなんかが出てくるとがっかりする。逆に手作りケーキなんかを出してくれるところもある。

田舎のバルのおつまみはしょぼすぎることばかりだったので、バルは都市でしか行かなくなった。その代わりに昼によさげなMenu del diaがあるレストランと出会ったときは、立ち寄ってスペイン料理を味わっていた。スペインの食を楽しむなら、Menu del diaは外せない。

1 (15)

前菜のトマトベースの冷えたスープ。イベリコ豚のハムが載っている。

1 (14)

主菜のイカの唐揚げ。

1 (13)

デザートのティラミス。レベルの高いデザートの一例。上3つの写真で12ユーロ。

1 (12)

このレストランで話かけられた家族。

1 (11.5)

1 (11)

ボトルでワインが出てきた。午後もがっつり漕ぐ予定なのにな。

1 (10)

なにかの茎?と卵の炒め物。まあまあ。

1 (9)

ステーキ。

1 (8)

プリンに生クリーム。上4つの写真で10ユーロ。お得感があった。

1 (6)

豆のスープ。

1 (5)

白身魚とサラダ。

1 (4)

そこらへんで売っているお菓子。プリンの上にクッキーが載っているやつ。上3つの写真で6ユーロ。

1 (3)

じゃがいものサラダ。

1 (2)

あんこうの唐揚げ。

1 (1)

デザートのバナナ。これは、、、がっかり。上3つの写真で7ユーロ。

1 (0)

最後におまけ。チョコレートとチュロスの店で休憩がてらたまに飲んでいたチョコレート。1.5ユーロ。

内陸部では10ユーロ以下のものはあまり目にせず、地中海側から安価なランチを提供するレストランが現れた。値段と質は割と比例しているように思う。7ユーロ前後の価格帯のランチより、11ユーロ前後の価格帯のランチの方が満足度が高いことが多かった。

336×280

336×280

-スペイン
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

イベリコ豚の生ハムが美味しい[スペイン]

んま~。頬がとろけそうだ。 スペインではまったものが生ハム。値段が手頃ということが大きく、美味し過ぎて毎日のように食していた。食べられるうちに食べておかないと人生損すると言わんばかりの勢いで喰った。塩 …

ヨーロッパ横断自転車旅行まとめ

スペインを走ったのは10月19日から11月12日までの25日間。寒くて走るのが嫌になる、というレベルまで行かずにヨーロッパを抜けられる目途がたったので、急くことなくヨーロッパ最後の国を満喫した。 5月 …

エロスというスペインの街がエロい(Elosu)

サンセバスチャンで今後のルートの決定を迫られた。候補は2つ。 ・巡礼の道・ポルトガル経由コース ・友人と再会・マドリッド経由コース スペインの北西部にサンティアゴ・デ・コンポステーラというエルサレム・ …

スペインの白い街並みでおすすめはアンテケラ(Antequera)

マドリッドから地中海を目指して発ったのは2011年10月30日。日中に陽が照っている場所に行けば暖かいものの、朝晩は冷える。イギリスから相変わらず、南へ南へと暖かい場所を目指して走り続けた。 スペイン …

ピカソの生家があるマラガ[スペイン]

遂に地中海までやってきた。英語でMediterranean Seaと呼ばれる地中海は、大西洋の付属海の一つ。これから向かうジブラルタル海峡から先は大西洋となる。トルコで地中海と初めて出会い、ヨーロッパ …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。