グロスター大聖堂はハリーポッターのロケ地[チェルトナムから自転車でアクセス]

自転車の目途がたったのと同時に、イギリスからどこの国へ向かうか悩んだ。

自転車を分解せずに載せられるフェリーが飛行機やバスと比べて便利。加えて僕は自転車と速度が近いフェリーが好き。イギリスからフェリーで行けるオランダ・ベルギー・フランスあたりが候補となった。

3~4ヵ月を考えていたヨーロッパ滞在はすでに4ヶ月を越えている。ヨーロッパから向かう先はモロッコ。オランダに戻ると、フランスに渡ってモロッコへ向かうより2週間くらい余分にかかりそうだ。イギリスはすでに秋の気配を漂わせており、日は短くなり寒さが増してきていた。あんまりゆっくりしていると心地よいキャンプ生活が出来なくなる。また、西欧は物価が高いので滞在を長引かせたくなかった。

ダイスケが世界で最も美味しいと言うベルギービールを逃したくない!その切なる気持ちと決着をつけるのに時間を要したが、上記の理由からフランスへ渡ることにした。ならばどこからフランスへ渡ろうか。

候補はドーバかポーツマス。ドーバはドライブで行ったし、ポーツマスにしようかなと考えていた。そんな折に友人のウチコから、チェルトナムに親戚がいますけど紹介しましょうか、というメールが入った。チェルトナムの場所を調べるとノッティンガムとポーツマスの間。こ、これは神の啓示か。いや、ウチコの善意なんだけどね。

この提案を受け、チェルトナム経由でポーツマスへゆくことにした。

ノッティンガムを出発して4日目にチェルトナムに到着。ウチコの親戚のアイさん宅にお邪魔した。当初は1泊のつもりだったけれど、ゆっくりしていっていいからねというお言葉に甘えて3泊させてもらった。心休まる団欒、美味し過ぎる料理、やんちゃな子供たちとの遊び、久々のお風呂。完全にリフレッシュし、フランスまで駆け抜けるパワーをもらった。

その日々を写真と共に紹介。

21

愛さん家族との夕食。かんぱーい!

19

2人の子供がとてもやんちゃ。長男のマックス君とはサッカーをしたりチェスをして遊んだ。次男のアレックス君はシャイで、遊べるようになったのは終盤だった。打ち解けてきたところでのお別れは残念。

18

なんと、そうめん!食べたのはいつ以来だ。そうめんがこんなに美味いものだったとは。

17

アイさんの旦那アアルンのお母さんと一緒にご飯。アイさんの料理の腕はピカ一。日本を離れ1年が経っていた僕にとっては奇跡の日本食だった。

16

イギリス在住の日本人の奥様の会に参加。子供が可愛くて可愛くて。国際結婚をして海外に住んでいる女性はたくましい感じがした。

16.5

マックス君のボーイスカウトの昇進式。おめでとう!

10

こちらはハリーポッターのモデルになったグロスター大聖堂。チェルトナムの隣町のグロスターにある。

9 8 7 6 5

せっかくなので自転車漕いで観に来た。素敵ですな。

1

出発の日のお昼にも豪華な日本食を振る舞ってもらい、パワーをもらって出発。お世話になりました。ペコリ。

2 件のコメント

  • 読みながらなんだかすごく嬉しくなりました♪たかさんのおかげで私も久しぶりにアイ姉ちゃんに連絡するきっかけが出来て、感謝です!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です