ウォーターボールを無料で楽しむ[オランダ ライデン]

日本の終戦記念日の8月15日、アムステルダムで自転車を盗まれた。盗られたことに気付いたのはいざ出発という段階。現実感がなかった。頭では理解出来ているものの心はついていっていなかった。まず、その日に泊めてもらう予定だったライデンに住むモモちゃんに連絡をいれた。

簡潔な状況説明のメールに、間髪いれずに返ってきた内容。
「車で迎えに行ってあげるから!」

後から考えてみても、心憎いくらいにこちらの心持ちを分かっている対応だった。迎えに来てもらえることで次の行動を考えずに済んだこと、最も凹んでいるときに話す相手がいたこと、は心底有難かった。

そのまま彼女らの家に数泊させてもらい、リラックスしながら思考と心が整理出来た。数日後にはロンドンで友人と会う約束。貴重な休暇に日本から遊びに来てくれる友人の前でどんよりは出来ない。自転車を盗まれたことは仕方ないよね、と割と早く気持ちを切り替えることが出来たのは、一重にライデンで癒しの空間を作ってくれたモモちゃんとルネだった。

今度は日本の食材やお酒を持って遊びに行きます。ありがとう!

s1 (13)

お世話になった2人。

s1 (12)

ライデンは美しかった。

s1 (11)

運河と共にある街。

s1 (10)

オランダといえば風車。

s1 (9) s1 (8)

太陽の元でくつろぐ心地よさ。

s1 (7)

なんか面白ボール発見!!!

s1 (6)

僕もやってみることに。

s1 (5)

バランスを取るのが難しいぞ。

s1 (4)

ハムスターのあれみたい。

s1 (3)

いや~、これは楽しい。見ている方も愉快だし。

s1 (2) s1 (1)

琵琶湖あたりで1回500円でやったら流行らないかな~。

イギリスの暴動以来ニュースを注視していた。2度目が起きたら行くことを止めることにしていたが、幸いにして収拾の方向に向かった。数日後、友人との合流に向けロンドンに向かった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です