takahirosuzuki.com

地域おこし協力隊、田舎暮らし、漫画、ボードゲーム、謎解き、自転車世界一周について書いています

現在地

[近況]2011年10月3日フランスパリ:ベルばら

投稿日:2011年10月4日 更新日:

旅を始めてから573日目。

イギリスからフランスにフェリーで渡り、パリまで走ってきた。イギリスは寒いので南下してフランスへ来たのだけれど、そのフランスが暑くてびっくり!海を隔てただけでこんなに気候が違うのか。30度近い気温なので、Tシャツ1枚でも汗だらだら。バックの上部に持ってきていたダウンジャケットを再び奥底に入れるとは思わなかった。

パリに到着したのが3日前。ハンガリーのブダペストの宿で出会った友人と再会した。これまたそこで「ベルサイユのばら」ことベルばらを読んだこともあり、ベルサイユ宮殿に一緒に行くことに。豪華絢爛。広大かつ整った庭園を散歩することが清々しく気持ち良かった。贅沢極まりない貴族の暮らしがフランス革命を生んだと思うと感慨深かった。

明日、スペインに向けて出発。10月中にはスペインに入りたい。ブログをリアルタイムにしたいなんて考えたけど、追いつくのはどうにも難しそうだ。時間を見つけてオランダ、イギリスについて書いていきます。

○読んだ本
読んだものはどれも面白かった。特に薦めたいのが「グロテスク」。東京電力に勤務しつつ売春婦をやり、売春時に殺害された事件をもとにしたようだが、かなり面白い切り口で物語が展開する。「告白」を喚起させるような1人称の語り口が好きなのかもしれない。最後まで目が離せず、ぐいぐい引き込まれてゆく。おススメ。

どんどん先が読みたくなる。1人称で語られるのは「告白」に近い手法。ってこっちが先かもしんないけど。誰もが自分の都合良く話す中、どれが真実なのかを想像することが面白い。
主人公のゆがみっぷりが半端なく、それが物語を面白くしている。売春婦をやっており殺害された東京電力社員の事件がもとだと思われるが、その事件をこのような形で小説にした著者に感動。最後まで目が離せない。
三浦 しをん
文藝春秋
発売日:2009-01-09

登場人物のらしさがよく描かれていて違和感がなかった。すらっと読めて気持ち良い。
三浦 綾子
角川書店
発売日:1982-01

解説を読むと一時期ブームになったほどだと言う。登場人物たちの思考と行動に納得出来ず、よって共感も出来ず。そういう人もいるのは分かるのだけど。
三浦 綾子
角川書店
発売日:1982-01

原罪、をテーマに書かれており、それぞれの人物の苦悩は伝わってきた。続氷点も機会があれば手に取るだろう。

336×280

336×280

-現在地

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

ラチャシマ(Ratchasima)からどこへ行くか[タイ]

旅を始めてから276日目。自転車でバンコクから北のアユタヤに行き、そこから進路を東に向けた。バンコクから250km程走り、今はラチャシマ(Ratchasima)にいる。ベトナムのハノイアウトの航空券を …

no image

チェコの生ビールの値段

旅を始めてから498日目。後2日で500日となる。約1年5ヵ月。 ポーランドのクラクフで自転車を持ってきた友人2人と合流し、西のアウシュヴィッツ強制収容所へ向けて走り始めた。1人の自転車旅と3人のそれ …

no image

南寧:中国はフェイスブックとツイッターが使えない!?

旅を始めてから305日目。 15カ国目の中国に入った。ベトナムから入った中国は、、、 都会! 人と物が溢れていてびっくりする。話す言葉が変わったのは当然として、人の雰囲気も全然違う。ちょっと圧倒される …

no image

スワンナプーム空港付近のConvenient Resortホテルに宿泊

旅を初めてから235日目。タイの首都バンコクのスワンナプーム空港付近のホテルにいる。22日にカンボジアのプノンペンを発ち、昨日29日までの8日間で、合計629.4km走りスワンナプーム空港に着いた。 …

no image

[近況]自転車ゲット!チャリ旅再開

2011年9月16日@イギリスノッティンガム 旅を始めてから556日目。 やっと、やっと自転車が手元へやって来た。 盗まれた8月15日から1ヵ月と1日目の9月16日に、自転車旅を再開する。 自転車に乗 …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。