takahirosuzuki.com

地域おこし協力隊、田舎暮らし、漫画、ボードゲーム、謎解き、自転車世界一周について書いています

ポーランド

アウシュヴィッツ強制収容所で感じる人の危うさ[ポーランド]

投稿日:2011年9月6日 更新日:

アウシュヴィッツ強制収容所を訪れるためにポーランドまで北上してきた。人との出会いをテーマにしたヨーロッパの中で、人に因らない目的地は数える程。わざわざ立ち寄った価値があると感じる程のインパクトがあった。未だに思考が整理出来ていないけれど、頑張って少々は文章にしようと思う。

5

4

3

資料が多く紹介されている第一強制収容所を先に回った。写真はほとんど撮らなかった。というより撮れなかったのだと思う。敷地内に立ち行ったときから異様な空気を感じた。それは本能的なものなのか、知識を持っていたからなのかは分からない。ただ、身体の奥底が一瞬で冷えた。その空気に慣れるまで、カメラを取り出す気が起きなかった。

展示されている多くの顔写真を見ていると、恐ろしい程のリアリティがあった。収容人数は数万人でした、と書かれている数字は、当たり前だけれど1つ1つ顔があり、1人1人の人生がある。それを改めて、否応なしに思い知らされた。言葉にならなかった。ただ、苦しかった。

人とはなんなんだろう。人間の恐ろしさ、人間の危うさ、そして己が秘めている脆さを感じた。1時間も見て回っていると、顔写真を見ても心を動かされない自分を発見した。きっとそれは防衛本能であり、感情を麻痺させたのだと思う。見ておかなければならない、逃げてはならない、という何かに突き動かされて、精いっぱいの力を振り絞って回った。訴えかけてくるものに気付かなければならないと思った。

訪れても気分が上がることはない。ただ、何かを感じるはず。行く価値はある。

336×280

336×280

-ポーランド
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

ポーランドクラクフに自転車と共に訪れた友人

旅を始めてから488日目。 スロバキアのポプラドの友人宅で5泊させてもらい、世界遺産に指定されているポーランドのクラクフを目指した。ポプラドのほぼ真北に位置するクラクフと直線で結んだ道を走るのではなく …

プチプチで人間を包装して遊ぶ[正式名称は気泡緩衝材]

自転車を飛行機で運ぶときに、プチプチ(気泡緩衝材)を使って壊れないようにする。日本から自転車を運ぶときに使用した大量のプチプチを運んでいた彼女ら。いやいや、いらないでしょ。だっていらない服とかその他の …

ポーランド自転車旅の写真

このブログはリアルタイムに追いつけておらず1~2ヵ月遅れている。ポーランドのことを書き始めた現在はイギリス。ポーランドの写真を見ていて思ったのは、景色が素晴らしかったということ。スロバキアからポーラン …

たか(taka)という名前の街があった!僕の名前じゃん!![ポーランド]

走っていたら、僕の街があった。こういった出会いは自転車旅ならではのような気がする。

ポーランド人の美人一家と自転車旅とキャンプ

自転車を持って遊びに来てくれたヒトミちゃんとケイちゃんは自転車旅が始めて。きっと期待と不安を胸に秘めながらの出発だっただろう。それは僕も同じで、一体どんな旅になるのだろうというワクワクとドキドキが入り …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。