takahirosuzuki.com

地域おこし協力隊、田舎暮らし、漫画、ボードゲーム、謎解き、自転車世界一周について書いています

ポーランド

ポーランドのクラクフを観光

投稿日:2011年9月3日 更新日:

遡ること1年半前。アルゼンチン最南端の街ウシュアイアの上野山荘で2人の女性と出会った。「自転車旅をやってみたいな」と言っていた彼女ら。それに対し、「海外ツーリングを始めるならヨーロッパがいいと思うよ」と答えた僕。思い返せばこの会話から今回の再会が生まれたように思う。実際は、1年半後にヨーロッパを一緒にサイクリングするなんて思ってもみなかった。言うは易し行うは難し。彼女らの行動力に驚いた。

日本の裏側といって差し支えがない場所にあるアルゼンチンの小さな町の宿で、僕らは出会った。1日ずれていたら会うことはなかっただろう。南極船探しで仲良くなったものの、一緒にいた日は数えるほど。彼女らはボリビアへ向かいその後日本へ。僕はそれからずっと旅を続けてヨーロッパへ。大多数の人とは1度会っただけで関係が終わる。だが、幾らかの人とは連絡を取り合い顔を合わせる日が来る。彼女らは後者の中でも稀な再会をした。

縁、という言葉が好きだ。縁に加えて会いたいという意思、この2つが重なると関係が深くなる。世界で約70億人の中である人と出会い、お互いがまた会いたいという意思を持つ。すごいことだと思う。それが友人になるということだけど、1度目の出会いが南米で、2度目がヨーロッパ、さらに2度目のヨーロッパは自転車旅を約1ヵ月間一緒にする、というのは僕の出会いの中でも類を見ないもの。

人生で2回しか会っていない友の中で、最も深い関係になった。

以下の写真は2人と出会った世界遺産に指定されているクラクフのもの。

20

19

18

17

16

15

14

13

12

11

9

8

7

6

5

4

336×280

336×280

-ポーランド
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

プチプチで人間を包装して遊ぶ[正式名称は気泡緩衝材]

自転車を飛行機で運ぶときに、プチプチ(気泡緩衝材)を使って壊れないようにする。日本から自転車を運ぶときに使用した大量のプチプチを運んでいた彼女ら。いやいや、いらないでしょ。だっていらない服とかその他の …

ポーランド人の美人一家と自転車旅とキャンプ

自転車を持って遊びに来てくれたヒトミちゃんとケイちゃんは自転車旅が始めて。きっと期待と不安を胸に秘めながらの出発だっただろう。それは僕も同じで、一体どんな旅になるのだろうというワクワクとドキドキが入り …

たか(taka)という名前の街があった!僕の名前じゃん!![ポーランド]

走っていたら、僕の街があった。こういった出会いは自転車旅ならではのような気がする。

アウシュヴィッツ強制収容所で感じる人の危うさ[ポーランド]

アウシュヴィッツ強制収容所を訪れるためにポーランドまで北上してきた。人との出会いをテーマにしたヨーロッパの中で、人に因らない目的地は数える程。わざわざ立ち寄った価値があると感じる程のインパクトがあった …

no image

ポーランドクラクフに自転車と共に訪れた友人

旅を始めてから488日目。 スロバキアのポプラドの友人宅で5泊させてもらい、世界遺産に指定されているポーランドのクラクフを目指した。ポプラドのほぼ真北に位置するクラクフと直線で結んだ道を走るのではなく …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。