takahirosuzuki.com

地域おこし協力隊、田舎暮らし、漫画、ボードゲーム、謎解き、自転車世界一周について書いています

セルビア

セルビア人が名古屋を知る理由とストイコビッチの現役時代の動画

投稿日:2011年7月8日 更新日:

「どこから来たんだ?」
「日本だよ。」
「Nagoyaか?」

衝撃だった。日本のどこから来たというときに、名古屋、が一番始めに来ることは今まで一度もなかったから。だいたいは東京で、たまに大阪、最近だと福島(、、、じゃないよなまさか、というニュアンスで)くらいである。僕の出身は愛知県の田舎で名古屋市ではないけれど、名古屋と聞かれれば地元を見事に当てられた想いだった。それにしてもなぜ?

名古屋に行ったことがあったり名古屋に知り合いがいるとかかなと思い、尋ねた。すると、

「ドラガン・ストイコビッチ!ピクシー!」

という回答が。おお、そうかあ。合点!

彼は名古屋グランパスエイトの監督を現在やっており、以前には選手としても名古屋にいた。僕の憧れの選手である。生でプレーを見て感動し、日本に来る前の彼の試合のビデオを借りてきて何本も見た。もらったサインを飾っておいたら、猫に爪をとがれてぼろぼろになってしまったのはいい思い出。

彼の技術の高さを証明する動画を紹介する。もう引退して監督になった後のJリーグでのもの。衝撃的映像である。

彼の現役時代のドリブル動画。

僕は彼のことをユーゴスラビア人と認識していた。彼が最も輝いていた時代にユーゴ内戦があり、ユーゴスラビアがW杯に出場出来なかったことが僕の頭に残っているからだ。だからセルビアとストイコビッチの関係性は頭になく、セルビア人の口から名古屋という言葉が出たときもピンとこなかった。だがサッカー好きなセルビア人にとって、日本とはストイコビッチが行った国であり、彼が住んでいる名古屋なのだ。選手としてのストイコビッチに魅了され、監督としての彼の能力に驚き、セルビアで日本のイメージとなっている彼の影響力に夢をもらった。ありがとう、ピクシー。

19

20

18

この子たちもピクシーの名を知っていた。

誇り ドラガン・ストイコビッチの軌跡 (集英社文庫)
木村 元彦
集英社
売り上げランキング: 156193

ユーゴ内戦に興味をもつことになった本。

336×280

336×280

-セルビア

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

戦争のイメージを持つセルビアの治安

イメージとは恐ろしいものだ。僕にとってセルビアは戦争のイメージをもつ言葉だった。第一次世界大戦の始まりが「セルビア系青年による暗殺」という歴史の教科書の記述を見たことがその始まりだと思う。どういった情 …

地球の歩き方とロンリープラネットと自転車旅の相性

海外において、道行く人が日本人旅行者だと一瞬で判別出来ることがある。アジア系の人が黄色のガイドブックを持っているときは間違いない。その本は日本人にとって最もメジャーなガイドブックである「地球の歩き方」 …

「あってもなくてもよいものはないほうがいい」という考え方と生き方

えっこらえっこらと体を左右に揺らしながら坂道を登っていた。日差しが強く、汗がだらだらと流れゆく。北へ進むことで涼しくなっていくのと、真夏に近づき暑くなっていくのと、どちらが早いかなと思いながら峠を越え …

no image

エベレスト挑戦女性の渡邊直子さんより連絡

旅を始めてから462日目。 エベレスト街道を散歩しているときに頂上を目指す日本人の女性のナオコさんと仲良くなった(詳細→[ネパール]エベレスト2:日本人女性最年少登頂者に出会う、[ネパール]エベレスト …

セルビア人の性格

経済的に貧しい国は人と人の距離感が近く触れ合いが多い、経済的に豊かな国は人と人の距離感が遠く見知らぬ人には挨拶をしない。こんな先入観があった。 今まで走ってきたトルコ、ギリシャ、ブルガリア、セルビアの …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。