takahirosuzuki.com

地域おこし協力隊、田舎暮らし、漫画、ボードゲーム、謎解き、自転車世界一周について書いています

セルビア

セルビア人の性格

投稿日:2011年7月7日 更新日:

経済的に貧しい国は人と人の距離感が近く触れ合いが多い、経済的に豊かな国は人と人の距離感が遠く見知らぬ人には挨拶をしない。こんな先入観があった。

今まで走ってきたトルコ、ギリシャ、ブルガリア、セルビアの経済は世界でみたら豊かな方だと思う。しかし、目と目が会ったときの挨拶や会釈の頻度はアジアのときと変わらなかった。よく考えれば上記の先入観には根拠がなく、僕が身勝手に持った幻想だった。どこに住んでいても、人は人。国籍・民族・身分等が違っていても、なんら変わりはないのだ。頭で分かっていても身体に染みわたっていなかった。出会いの経験が偏見をなくしていく。愉快である。

その中でセルビアに入って感じたのは、挨拶の違い。トルコに来る以前に巡ったアジアのハローや会釈とセルビアのそれに、微妙な雰囲気の異を感じた。アジアで浴びた挨拶は積極的で好奇心が多分に含まれており、喜びを強く表わしていた。セルビアで受けた挨拶は受動的で好奇心は遠慮がちに発しており、迎え入れる感じが出ている。控えめで上品な感じなのだ。どちらが良い悪いではなく、共にウェルカムだからこその挨拶なのだけれど、その違いにアジアからヨーロッパへ移動を改めて実感した。

1 (12)

チャリ屋の親父とその友人。

1 (11)

パンクした修理穴だらけのチューブを使っているので新しいものを買いにいったら、見せてみろと。穴という穴を直してくれた。

1 (10)

自作時計がアツい。

1 (9)

手がシロップまみれに!?

1 (8)

ビールを御馳走してくれた。

1 (7)

ビアガールではないよ。

1 (5)

ビールを飲んでいる僕をちらちら見ていた女の子。

1 (4)

昼飯をシェアしてくれた。

1 (3)

右がボスらしいが、堅苦しい上下関係ではなくざっくばらんとしていた。

1 (2)

英語を話せる人は少ない。

1 (1)

それでもいろいろなことを伝えてくれた。感謝。

336×280

336×280

-セルビア
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

セルビア人が名古屋を知る理由とストイコビッチの現役時代の動画

「どこから来たんだ?」 「日本だよ。」 「Nagoyaか?」 衝撃だった。日本のどこから来たというときに、名古屋、が一番始めに来ることは今まで一度もなかったから。だいたいは東京で、たまに大阪、最近だと …

戦争のイメージを持つセルビアの治安

イメージとは恐ろしいものだ。僕にとってセルビアは戦争のイメージをもつ言葉だった。第一次世界大戦の始まりが「セルビア系青年による暗殺」という歴史の教科書の記述を見たことがその始まりだと思う。どういった情 …

no image

エベレスト挑戦女性の渡邊直子さんより連絡

旅を始めてから462日目。 エベレスト街道を散歩しているときに頂上を目指す日本人の女性のナオコさんと仲良くなった(詳細→[ネパール]エベレスト2:日本人女性最年少登頂者に出会う、[ネパール]エベレスト …

「あってもなくてもよいものはないほうがいい」という考え方と生き方

えっこらえっこらと体を左右に揺らしながら坂道を登っていた。日差しが強く、汗がだらだらと流れゆく。北へ進むことで涼しくなっていくのと、真夏に近づき暑くなっていくのと、どちらが早いかなと思いながら峠を越え …

地球の歩き方とロンリープラネットと自転車旅の相性

海外において、道行く人が日本人旅行者だと一瞬で判別出来ることがある。アジア系の人が黄色のガイドブックを持っているときは間違いない。その本は日本人にとって最もメジャーなガイドブックである「地球の歩き方」 …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。