takahirosuzuki.com

地域おこし協力隊、田舎暮らし、漫画、ボードゲーム、謎解き、自転車世界一周について書いています

セルビア

戦争のイメージを持つセルビアの治安

投稿日:2011年7月4日 更新日:

イメージとは恐ろしいものだ。僕にとってセルビアは戦争のイメージをもつ言葉だった。第一次世界大戦の始まりが「セルビア系青年による暗殺」という歴史の教科書の記述を見たことがその始まりだと思う。どういった情勢で、なぜセルビア系青年が暗殺を試みたのか、などといった背景を考えることもなく、ただ暗記した。セルビアについて他のことを知らないものだから、余計にその情報のみが頭に残った。

次にセルビアに触れたのはユーゴ内戦に関する本を読んだときになる。正確な内容を覚えているわけではなく、以下のイメージが残っていた。ユーゴスラビアのカリスマ大統領チトーが亡くなり、多民族・多宗教であるユーゴ内で独立の動きが活発になったとき、セルビア人が他の民族を抑えつけていた、と。

持っていたセルビアの知識は微少かつ不明瞭であったが、それがセルビアのイメージを作り上げていた。頭に貼りついていたのは、暗い、高圧的、といった負の印象。実際にセルビアに行き、そのイメージが覆されていくことになった。

1 (13)

セルビアはキリル文字である。

1 (12)

ブルガリアから街並みの大きな変化はない。

1 (11)

始めの街を親切に案内してくれた。

1 (10)

上のおじさんに紹介してもらったレストラン。おすすめを頼んでみたらカレーが出てきた。レベル高い。

1 (9)

ビールを1杯サービスしてくれた。ありがとう。

1 (8)

道を教えてくれた渋い親父。

1 (7)

多くの子供が僕を取り囲んできた中で、始めに気前よく写真を撮らせてくれた少年。

1 (6)

多くの子は照れて逃げた。

1 (5)

でも興味津々。

1 (4)

実は30人くらいいるのだよ。

1 (3)

自転車に乗りたがる子は多いが、だいたい転倒する。何気に50kgオーバーなので。

1 (2)

じょじょに打ち解けてゆく。

1 (1)

連絡先を交換しようとメモメモ。楽しいひとときであった。

これが初日であり、セルビアのイメージが覆されていこうとしていた。

336×280

336×280

-セルビア
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

エベレスト挑戦女性の渡邊直子さんより連絡

旅を始めてから462日目。 エベレスト街道を散歩しているときに頂上を目指す日本人の女性のナオコさんと仲良くなった(詳細→[ネパール]エベレスト2:日本人女性最年少登頂者に出会う、[ネパール]エベレスト …

セルビア人の性格

経済的に貧しい国は人と人の距離感が近く触れ合いが多い、経済的に豊かな国は人と人の距離感が遠く見知らぬ人には挨拶をしない。こんな先入観があった。 今まで走ってきたトルコ、ギリシャ、ブルガリア、セルビアの …

美人セルビア人女性に結婚を迫られる

北北西に位置する首都のベオグラードに向かっていたとき、気付いたら南西への道に迷いこんでいた。完全な田舎道ですぐに気付けば良さそうなもんであったが、気持ちよく走っていて止まりたくなかったのと、標識が全然 …

地球の歩き方とロンリープラネットと自転車旅の相性

海外において、道行く人が日本人旅行者だと一瞬で判別出来ることがある。アジア系の人が黄色のガイドブックを持っているときは間違いない。その本は日本人にとって最もメジャーなガイドブックである「地球の歩き方」 …

「あってもなくてもよいものはないほうがいい」という考え方と生き方

えっこらえっこらと体を左右に揺らしながら坂道を登っていた。日差しが強く、汗がだらだらと流れゆく。北へ進むことで涼しくなっていくのと、真夏に近づき暑くなっていくのと、どちらが早いかなと思いながら峠を越え …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。