takahirosuzuki.com

地域おこし協力隊、田舎暮らし、漫画、ボードゲーム、謎解き、自転車世界一周について書いています

ブルガリア

ソフィアのストリップ店カーマスートラ(kama sutra)に行ってみた![ブルガリア観光スポット]

投稿日:2011年6月27日 更新日:

ツイッターでつぶやいてみた。(僕のアカウントはこちら
「ヨーグルトのイメージしかないブルガリアには何があるのかな」

するとブルガリアと言えばストリップだよ、なんていう返事があった。早速調べてみると、ソフィアではなかなか盛んらしい。せっかくだし行ってみようと宿のメンバーに声をかけてみる。日本人だけでなく香港と韓国の女の子にも話してみたら、意外にも彼女らがノリノリで、渋っていた日本人たちは逆に彼女らに触発されて行くような形となった。欧米人の男にも声をかけたのだが「女と行くのか?何も出来ないじゃないかベイベー」といった感じで断られた。どんなもんか見に行くだけだから、僕としては女の子がいても構わない。

s3

小雨に降られながら、夜のソフィアの街をてくてくと歩く。治安は悪くなさそうだ。入ったストリップはカーマスートラ(kama sutra)という店で、写真はお断りだった。店内は中央にポールが3本ある。それを囲むように半円になっている席があり、僕らはその一角に座った。すでに始まっていたショーは、トップレスの女性が5分程度の間隔で入れ替わってポールダンスをするというもの。余分にお金を払えば、僕らが座っているところに来て踊るサービスもある。

ワンドリンク注文して、ストリップに見入った。着衣しているものを妖艶に1枚ずつ脱いでいくのではなく、彼女らは始めからビキニ姿で、ポールダンスをする前にトップレスになる。店内のさほど妖しげではない明るい雰囲気と相まって、ストリップというイメージよりはショーと表現するほうが相応しい。エロいというより芸術的な感じだった。

女4人の男3人のメンバーだったので、あの胸って本物だと思う、とかそんな話をしていた。そこで始めて”人工の”という意味の英単語”artificial”を知った。1時間強の時間を楽しみ、入場料5Lvとビール7Lvの12Lv(約720円)なので安いもの。その後は宿の近くのバーでテキーラのショットをぐいっとやって、ベッドにもぐった。

s2

s1

336×280

336×280

-ブルガリア

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Yesで首を横に振り、Noで首を縦に振るブルガリア人

Yesで首を横に振り、Noで首を縦に振るブルガリア人。英語を話すブルガリア人はその癖がないこともあり、体験出来ることは少なかったけれど、そのときは困惑と同時に親しみを感じた。世界になじまない文化という …

自分と向き合うという旅の意味

カッコウとウグイスの鳴き声を毎夜聞こえてくる。この2種って世界中にいるの、とか、今までにも同時に鳴いていたかな、なんて思う。聞き分けられる鳴き声がこの2つだけで、他の鳥も、虫も、蛙も鳴いている。草むら …

ホステルモステル:ブルガリアの首都ソフィア最高の宿と行き方

1つのメモがある。南米で会った世界一周をしていた旅人から、各国のおすすめについて書いてもらったもの。的を得ており重宝しているのだけれど、ブルガリアのところに書かれていたのは、ソフィアにあるホステルモス …

ブルガリア人のキャベツ投げ渡し芸と美しい放物線[自転車旅]

トルコと比べて気温が上がったような気がする。自転車で走っているうちは涼しいけど、日なたで立ち止まると暑い。休むのは日陰じゃないと。日陰で自転車が立て掛けられる場所はないかと目を配りながら進んでいると、 …

no image

ブルガリアのビールが安い

旅を始めてから453日目。 トルコからギリシャをちょろっと経由して、ブルガリアに入国。ブルガリアの中で西側に位置する首都ソフィアにてまったり。トルコの首都イスタンブールからソフィアは10日連日走行の全 …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。