雲南省の麗江古城の夜の街並みに惚れた[中国世界遺産]

「観光地化されすぎてて好きになれない。」
「人が多いし。」
「もはやテーマパークだよね。」

出会った旅人の多くが麗江をこう評した。シャングリラから南下すること200kmくらいで麗江に着く。世界遺産に指定されているこの街並みは風情と趣があり、僕は気に行った。確かに彼らが言ったことは否めないし、むしろ的確だ。ただ、それでも歩くのにうきうきし、特に夜の散歩はひんやりした風が顔を撫でて心地よかった。

1 (13)

いかにも中国風な門構え。

1 (12)

石畳の細い路地の両脇に続く懐かしい感じのする古風な建築物。そこに多くの人が行き交う。

1 (11)

壁に時折見られる可愛い絵柄。これは、文字?

1 (10)

豚団子~

1 (9)

日が傾いてきた。

1 (8)

水車が似合う街。

1 (7)

薄暗くなってくると、ライトアップされた姿が映える。

1 (6)

ずっと歩いていたい。

1 (5)

こういうライトアップの仕方は海外って感じがする。

1 (4)

池とライトアップはずるいと思う。

1 (3)

テーマパークと言われても、気に行ってしまったものはしょうがない。

1 (2)

ちょっとやり過ぎかな、って思うところに中国を感じる。

1 (1)

満月の夜であった。この街を中国チャリのゴールとし、ネパールに飛んだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です