takahirosuzuki.com

地域おこし協力隊、田舎暮らし、漫画、ボードゲーム、謎解き、自転車世界一周について書いています

中国

中国シャングリラの松茸と鳥肉のスープがおいしい!

投稿日:2011年5月6日 更新日:

松茸って日本で食べると幾らくらいなんだろう。

キノコ類は今でこそ好きなのだけれども、幼少期の頃は全般的に嫌いだった。きっと松茸を口にしたことはあるのだろうが、食べたことは勿論、その味も香りも記憶には残っていない。松茸を食べられるよと言われても、喜びもわくわくもない。僕にとっての松茸とはそんなものだ。

「香り松茸、味しめじ」なんて言葉がある。こういう言葉が出来るのだから、世間的にはキノコ類の、香りのトップは松茸で、味のトップはしめじ、という認識だった。僕はしめじよりも椎茸やエリンギの方が美味しいと思っているタチなので、松茸の味はしめじ以下、よっていまいちという先入観があった。

チベット自治区東側の稲城にいるときに、そこが松茸の産地だということを知った。残念ながら稲城では食べる機会がなかったのだが、シャングリラに来たときにも路上で松茸を見かけた。ここも産地なのかと調べてみると、日本にも輸出している程の生産地だという。日本にいても滅多に食べるものじゃないし、なにより産地の新鮮なものは、時として違う食べ物なんじゃないかというくらいに美味しいことがある。せっかくの機会だし食べてみるか。

乾燥させて袋詰めで売っているのはすぐ見つかるのだけど、料理として出しているところは意外に見つからない。ぐるぐる回ってみて見つけたところのメニューは、松茸と鶏肉のスープだった。写真が添えてあり、なかなか美味しいそうに撮ってある。48元(約630円)だった。中国で普段チンジャオロースやホイコーローが16元くらいなのを考えると高級ではあるが、手が出ない額ではない。日本で松茸を600円台で食べられるなんて聞いたことがないので日本よりは大分安いはず、と特と悩まずにさくっと注文した。食べ物の予算に関しては寛大なのである。

待つこと15分、出て来たのがこちら。

R0011423

芳醇な香りが漂う。流石に香り松茸と言うだけはある。まずはスープを飲んでみると、、、さっぱりだけど濃厚な旨みが出ていてうまい!さっそく松茸を箸でがっつり取って口に運ぶ。すると松茸の香りが瞬く間に口いっぱいに広がり、その口内に敷き詰められた香りが味へと変わる。これ、めちゃくちゃ美味しいじゃん。しめじよりも、他のどのキノコよりも味わい深い。

雲南省を旅している間にもう一度くらい奮発して食べたいと思った。

336×280

336×280

-中国
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

河口慧海のチベット旅行記のような気分(康定)

旅を始めてから353日目。 「複数の問題を俯瞰的に見て、どのような道を歩むか決断しなければならない。」 2月20日に成都での居心地の良い宿を力強く振り切って、自転車を漕ぎ始めた。中国ビザ問題と旧正月に …

徒歩で行く虎跳峡トレッキング:入場料と日本人と韓国人[中国]

もともと行くつもりなどなかった。ただ偶然に偶然が重なって、ぶらりと寄ってみるのもいいかなと感じたのだ。体を動かすのが自転車によるものばかりだったためか、歩くという挙動に愉悦を感じ、気分転換の2日となっ …

ゲテモノ料理素材を中国の広州で写真に収める(サソリ、ワニの切り身等)

「食文化に優劣はない。他国の人が食しているものはあなたも食べられるのである。」 南寧から広州まで寝台列車でやって来た。広州とは香港から北東に200km弱に位置しており、北京、上海に続く中国3大都市の1 …

成都のパンダ研究所の画像と中国へのODAと軍事費

結局18日間滞在した香港を離れたのは2月5日。一旦はバスで広州に出て、6日の朝の長距離列車で成都に向かった。その時間は35時間程度。中国は広いな、と流石に感じたものである。2月4日はモモちゃんと彼女の …

雲南省の麗江古城の夜の街並みに惚れた[中国世界遺産]

「観光地化されすぎてて好きになれない。」 「人が多いし。」 「もはやテーマパークだよね。」 出会った旅人の多くが麗江をこう評した。シャングリラから南下すること200kmくらいで麗江に着く。世界遺産に指 …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。