takahirosuzuki.com

地域おこし協力隊、田舎暮らし、漫画、ボードゲーム、謎解き、自転車世界一周について書いています

中国

広州のおすすめ飲茶点心の店「蓮香楼」とその価格

投稿日:2011年2月14日 更新日:

「美味しい物を食べているときは、人生の最も豊かな瞬間である。」

広東料理に種別される広州の食の中ではまったものがある。それは飲茶。ヤムチャと読むこの2文字は、お茶を飲みながら点心を食べる、という食のスタイルを表わしているのだと思う。清時代から発達したスタイルらしく、朝にお茶を飲みながら会話を楽しんだり新聞を読んだりするものだったようだが、今では昼や夜にも提供する店が増えている。

温かいお茶を味わいながら出来たての点心を幾らかつまんでいくのが美味しくて仕方がない。朝はやや値段が安いということと、1日を優雅に迎えられえるということで、飲茶を朝に食べに行くのが日課になってしまった。

完全にはまってしまいビザが切れるぎりぎりまで広州に滞在することになった。結局7泊し、毎日違う店に行ったので7件以上は飲茶食べ歩きをしたことになる。最終日は2件行ったりと、兎に角いろいろな店でさまざまな点心を食べた。

回った中で最もコストパフォーマンスが良かったのが蓮香楼という老舗。こちらはお茶も、点心も、サービスも、どれも非常に高いレベルだった。唯一2回行った店である。

朝一番はまだ人がまばら

朝一番はまだ人がまばら

多くは円卓

多くは円卓

餃子

ジューシーな餃子

エビとマンゴーが入ったサクサクした揚げ物。

エビとマンゴーが入ったサクサクした揚げ物。

牛肉球。どの店に行っても外れることが少ない1品。

牛肉球。どの店に行っても外れることが少ない1品。

外せないのが焼売。海老がぷりぷりしててうますぎる。

外せないのが焼売。海老がぷりぷりしててうますぎる。

メニューは勿論中国語で意外に想像しづらい

メニューは勿論中国語で意外に想像しづらい

点心にランクがあり、中点7元(約90円)、大点9元(約120円)、特点12元(約160円)、といった具合である。今回食べたのは焼売が特点でそれ以外が大点。お茶も合わせて44元(約570円)くらいであった。僕の旅の1食としては高いのだが、はっきり言ってうますぎるので全然気にならなかった。ブログを書いていてまた食べたくなった。

336×280

336×280

-中国
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

中国シャングリラの松茸と鳥肉のスープがおいしい!

松茸って日本で食べると幾らくらいなんだろう。 キノコ類は今でこそ好きなのだけれども、幼少期の頃は全般的に嫌いだった。きっと松茸を口にしたことはあるのだろうが、食べたことは勿論、その味も香りも記憶には残 …

防城市→南寧→広州の電車に自転車を輪行して乗せる[中国]

日本人は中国にノービザで入ると15日間の滞在が出来る。その期間にベトナムのモンカイから入国して香港まで自転車を漕ごうと思っていた。 中国入国初日も出来る限り進んでおこうと走っていたが、ベトナム終盤から …

雲南省の麗江古城の夜の街並みに惚れた[中国世界遺産]

「観光地化されすぎてて好きになれない。」 「人が多いし。」 「もはやテーマパークだよね。」 出会った旅人の多くが麗江をこう評した。シャングリラから南下すること200kmくらいで麗江に着く。世界遺産に指 …

成都のパンダ研究所の画像と中国へのODAと軍事費

結局18日間滞在した香港を離れたのは2月5日。一旦はバスで広州に出て、6日の朝の長距離列車で成都に向かった。その時間は35時間程度。中国は広いな、と流石に感じたものである。2月4日はモモちゃんと彼女の …

中国のバスの運転手の頭がおかしくて命の危険!死亡事故が多いのに納得

以前に、旅に出る前は病気と強盗が怖いと思っていたが、死の危険が最も高いのは交通事故のような気がする、と書いた。いつ交通事故に合うか分からないチャリダーは死と隣合わせとも言える。しかし、バックパッカーも …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。