takahirosuzuki.com

地域おこし協力隊、田舎暮らし、漫画、ボードゲーム、謎解き、自転車世界一周について書いています

ベトナム

盲目のマッサージ師とベトナムコーヒー

投稿日:2011年1月23日 更新日:

「どこの出身だ?一緒に飯を食べよう!」

宿を決めて、その付近のレストランでオーダーをしようとしていたときのこと。話かけてきた男は女連れだった。一緒に卓を囲んで炒飯を注文した。

その男は英語が達者で、女の方はほとんど話せないようだった。話を聞いていくと、男は英語教師で女は生徒。どうりで英語が上手いはずである。彼が教えている女の子は18歳で、高校を卒業したらイギリスに3年間留学するという。

2ヶ月後の3月から単身イギリスに行くとのことだが、その英語力で大丈夫か、と不安になった。しかしよくよく考えてみると、当時16歳の僕がオーストラリアに留学したときはもっともっと英語が話せなかった。なんせ始めて学校に行ったときに「How are you?」が聞き取れなかったのだから。そのときの付き添いの人が、本当に、心の底から心配そうに、これから大丈夫?と聞いてくれた。今となっては懐かしい思い出である。きっと彼女もなんとか道を拓いていくのだろう。

ご飯を食べ終え、マッサージ屋に連れて行ってもらうことになった。ここで女の子はバイバイ。

R4021364

連れられた廃墟のようなビルにはマッサージと書かれた看板などなく、本当に大丈夫か如何わしい。そこで案内してくれた人は盲目の人だった。初めての盲目の人によるマッサージ。初めてのベトナムマッサージ。期待と不安が入り混じっていた。

ベッドに横になるとまずは頭から始まる。足から始まるタイマッサージとは全く違っていた。順番も、内容も。頭→足→腕→体、と進んでいった。ツボの位置を確認するように動く手は、的確な場所をかなり強い力でぐいぐい押していく。気持ち良いっていうよりは、効いてそうって感じ。マッサージを終えてベッドから立つと、身体が軽かった。すごい。

R4021369

1時間で40000ドン(約170円)は彼が出してくれてその日はお別れ。次の日の朝6時にホテルの前で待ち合わせ、朝飯を一緒に食べに行った。

R4021371

食後はコーヒー。ベトナムコーヒーの特徴は少量で濃厚。店員が持ってきた時点でコーヒーはまだ飲めず、濾されるのをしばらく待つ必要がある。その底にはコンデンスミルクがたっぷり入っており、お好みで混ぜる。勿論ブラックを頼むことも可能だ。アイスコーヒーの場合はそれを氷の入ったコップに移す。

R4021375

R4021377

僕はホットコーヒーを頼んだのだが、コップが熱湯の中で温められ続けているのは細かい気配り。今までの飲んだ店はそんな気配りはなく、コーヒーが濾される間に冷めてしまっていた。一杯10000ドン(約45円)。ベトナムコーヒーは今まで飲んだコーヒーで一番美味い。ベトナムに来たら外せないものの1つである。

R4021373

コーヒーを飲んでいると彼の友人がやって来た。友人は美容師で、僕の伸びている髭を見て、うちの美容院で剃っていけ、と言う。お言葉に甘えて鬚を剃ってもらった。

R4021379

彼は教師の仕事へ、僕は次の町へ、とお互いの進む道を確認して別れた。良き出会いだった。

336×280

336×280

-ベトナム
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

自転車の新しい使い方[ベトナム]

ベトナムを走っていると、僕以上に自転車を使いこなしている人々をたくさん見かける。人々は僕のことを物珍しそうに見ていたけれど、僕は彼らのことを物珍しそうに見るのだった。写真に撮れたものなんてほんの一例だ …

ベトナムの可愛い女の子

初日の出を見るために世界遺産に指定されているハロン湾まで来たのだ。朝6時に起きて宿の外に出ようとすると、鍵がかかっていた。 「Hello~」 と叫んでいると、宿の人が起きてきてくれてドアを開けてくれる …

no image

ベトナムの世界遺産ハロン湾

あけましておめでとうございます! ベトナムの世界遺産ハロン湾にて年越しを迎えました。旅に出たのが一昨年の11月17日で、去年の年越しはメキシコでメキシコ人の家にお世話になって過ごし、大変良い経験をさせ …

ベトナムの景色の写真

幾つかの写真にコメントを添えてベトナムを紹介したいと思う。 ベトナムに入ったばかりのときの道。ラオスからベトナムの南北をつなぐ1号線までは田舎道。農業に従事している人がかぶっている三角帽子が風景によく …

ベトナムの食事と値段

ベトナムの食べ物で有名なものと言えばフォーや生春巻きなんかだと思う。フォーと掲げられた看板はどこにでもあり、ベトナム人はフォーばっかり食べていて飽きないのか、と思うほど、皆に馴染んでいる。一方、生春巻 …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。