自転車キャリアの取り付け[ダボ穴の修理]

自転車のフォークとフロントキャリアを固定するダボ穴が折れたので溶接してもらえる場所を探していた。バイクや自動車工場なんかに持っていけばいいんかな、と町できょろきょろしながら探す。するとゴーグルつけているおっさんが火花を散らしているバイクショップがあった。ここか!?と自転車を持って訪ねた。

火花を散らしている現場ではなく店の方に行ってみると、制服姿の青年がどうしたんだと言った様子で会釈してくる。自転車の問題の部分を指さして見せると、任せなと目で伝えてきた。彼が自転車を工場の方に引いていき、ゴーグルをつけているおっさんにタイ語で何かを伝えた。

おっさんはこんなんノープロブレムだぜ、とさっきまでやっていた作業を一旦やめ、自転車の折れたダボ穴とフォークの間で火花を散らした。ほんと一瞬の出来事。

くっついた!!!!青年と出会ってから溶接完了まで5分くらいだと思う。感謝感激でありがとうを連発した。

「幾ら払えばいい?」
と僕。

「フリーでいいぜ。」
と青年。

ま・じ・で・す・か!?

「ノープロブレムだぜ。にーちゃん良い旅続けなよ。グッドラック!」と笑顔で親指を立てている青年とおっさん。惚れた。

R4020555 R4020560 R4020561







古民家宿泊はじめました!

管理人タカが住んでいる古民家で民泊をはじめました。良かったら遊びに来てください。語りましょう。ボードゲームやりましょう!


コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

管理人のたかです。1984年4月20日生まれ。不動産会社での開発業、自転車世界一周、地域おこし協力隊を経て、愛知県新城市の古民家で宿泊事業をはじめました。SNSでフォローしていただくと最新記事を読むことができます。よろしくお願いします。