バンコクの大戸屋[タイ]

11月26日に自転車を持ってきた友人とバンコクで無事に合流した。その友人はタイに来たのが初めてなので、数日間はバンコクをぷらぷら。毎日5時間以上は歩き回っていた。バンコクを合計で70km以上は歩いたと思う。距離は足で稼げ、交通費が浮くぞ。そんなノリだった。

R4020005

合流した友人が持ってきてくれたお土産。大学時代のアウトドアサークル仲間の嗜好がよく分かる。チェンマイで会った友は一風堂と蒙古タンメンのコラボカップラーメンを持ってきてくれたのだ。やっぱり、日本と言えばラーメンってことだね。

R4020092

交通量が半端ない。自転車で走っていて何度も怖い思いをした。

R4020049

美味しくなさそうな小ぶりな寿司。そこらへんの屋台で売っているが鮮度は大丈夫かな。

R4020132

フードコートで働いていたノリノリの店員。

R4020042

電柱に貼ってあった広告(?)。この値段と電話番号に電話して、300バーツを支払ったとき、何のサービスが受けられるのだろう。

R4020119

美味しそうだったアイスクリーム。センス○。

R4020248

おばちゃん3人組。笑い方が素敵だった。

R4020070

バンコクは夜でも大通りは安心して歩ける。その屋台で売っていた紙の照明。おしゃれだった。

R4020250

カットフルーツを売っている屋台も多い。このパイナップルは10バーツ(30円弱)。

R4020122

デパートに入っていた大戸屋。客は1人もおらず、店員は大勢。皆で談笑していた。人員削減でコストカット出来まっせ。







古民家宿泊はじめました!

管理人タカが住んでいる古民家で民泊をはじめました。良かったら遊びに来てください。語りましょう。ボードゲームやりましょう!


コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

管理人のたかです。1984年4月20日生まれ。不動産会社での開発業、自転車世界一周、地域おこし協力隊を経て、愛知県新城市の古民家で宿泊事業をはじめました。SNSでフォローしていただくと最新記事を読むことができます。よろしくお願いします。