バッタンバンが水没[カンボジア自転車旅]

楽しみにしていたことがあった。シェムリアップで水没していた道をトゥクトゥクで通った時、一回こういう道を自転車で走ってみたい、と。5号線を北上し300kmを過ぎたバッタンバンの先で、ついに出会った。

水が溢れた道の手前で止まり、写真を撮っていると、住民と目が合う。お互いにっこり。こういった光景には同じように可笑しさを感じるようだ。登山靴を脱ぎ、靴下を脱ぎ、サンダルに履き替える。防水バックがしっかり閉まっていることを確認し、いざ突入!

R4019008

道路の窪みに嵌ったところで、水深20~25cm。自転車でも結構いけるもんだ。

R4019005

小学校が完全に水没。子供たちが泳いで遊んでいた。

R4019006

家も水没。高床式にして大丈夫な家もあるのに、1階が水に浸っている家もある。そういう仕様なのか。なんで高床式にしないのだろう。

R4019010

こういったところで水遊びをしている子供たちは本当に楽しそう。

R4019011

水没しているところに屋台を出す人々。少しずらせば水がないところに屋台を出せるのにそうしないということは、屋台を出す場所は完全に決まっているのかな。その横でバイクや車を洗う人もいる。

タイとカンボジアの首都プノンペンをつなぐこの幹線道路はフラットな大地に一直線に引かれている。このように水没しないように、周りから土を盛って高くしてある。それでも水に浸かってしまうというのはよっぽど水はけが悪い土地か、他の地域よりやや標高も低いのか。幹線道路からちょっと奥まったところにある家の人はボートで家に帰っていたのだ。びっくりである。

R4019012

魚も多いのだろう。釣りをしている人をたくさん見かけた。ん?この少年が持っている魚は、、、

R4019013

この魚、イースター島で釣った魚にすごく似ている。まさか同種がこんなところに!?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です