takahirosuzuki.com

地域おこし協力隊、田舎暮らし、漫画、ボードゲーム、謎解き、自転車世界一周について書いています

キューバ

キューバは自転車サイクリングがベスト!

投稿日:2010年5月30日 更新日:

首都のハバナは東西に長いキューバの西寄りに位置している。今回の旅ではハバナのさらに西側を500km程、自転車で見て回った。ハバナを抜けてしまえば迷うことない一本の道が続き、分岐があえば人に聞けば良かった。おおざっぱな地図にシンプルな道路。僕が走った道はほぼ舗装されており、その道の両側に立ち並ぶ家は途絶えない。走る車は少なく、自転車、リヤカー、馬で移動する人、馬車、の方がよっぽど多かった。

走っている道からキューバの人々が生活している姿、様相が垣間見ることが出来た。観光地化された場所とそうでない地域の雰囲気が異なるキューバでは、自転車旅が非常に面白い。井戸端会議をしている人々や馬車やリヤカーが行きかう道、広がっている多くの農地は、昔の日本はこんな感じだったのかな、と思わせた。

この旅ではpinar del rio でフランス人サイクリストのエティエンネと出会い、vinalesまでの4日間を共に過ごした。彼が南米大陸を自転車で旅したときの話を聞いたり、クラブに行ったりと良き時間を共有した。彼と一緒に過ごしたため、やっと英語の感覚が戻ってきた。ちなみにメキシコに続きキューバもスペイン語である。

彼曰く、フランス人男性の間で日本人の女の子の評判は、、、、
「いつも写真を撮っている。カメラが邪魔で顔が見えないので、日本人の女の子はかわいいかどうか分からない。」

s-R0012334

s-R0012435

s-R0012450

s-R0012459

s-R0012471

s-R0012487

336×280

336×280

-キューバ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

ハイチ地震と愛知

キューバの首都ハバナの宿で、宿主のアニータが見ているテレビに倒壊した建物の様子が映っていた。一緒に見ていると地震だということが分かる。 「これどこ?」 とアニータに聞くと 「愛知」 だと言う。 ん? …

社会主義と幸福[キューバ]

全く、といって良いくらいに知らなかったキューバ。結局、社会主義という仕組みもよく分からなかった。 しかし、配給される食糧をもらうために並ぶ人々を見たり、その人達に配給カードを見せてもらったり、生きてい …

首都ハバナの写真[キューバ]

首都のハバナ。独特の空気を持った街。趣のある建築物に、年代を感じさせる車、そこで生活する多様な人種。なんとも愉快な街だった。

[自転車旅で知るキューバ

この2人乗りは斬新。 キューバ人は日本人と同じで並ぶのが好きなんだ、って言われた。僕は並ぶのは嫌いである。 アルゼンチン人のゲバラが讃えられている。紙幣にもなっており、すごいことだと感じた。キューバ人 …

キューバの食べ物と自転車旅

一番始めに食べたご飯。大衆食堂みたいなところで50人民ペソ(250円弱)でビール付。なかなかのボリューム。 基本的に人民ペソ(現地人用の通貨)で売っているものが安い。3人民ペソ(15円弱)。 これは一 …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。