takahirosuzuki.com

地域おこし協力隊、田舎暮らし、漫画、ボードゲーム、謎解き、自転車世界一周について書いています

キューバ

自転車旅で感じる社会主義の疑問[キューバ]

投稿日:2010年5月28日 更新日:

考えてみれば、キューバについて何も知らなかった。社会主義というイメージのみで行ってみたいという想いが先行して興味があり、カストロが在命のうちに行かねばと考えていた。中南米から旅を始めた1つにキューバがあった。

2010年1月10日にメキシコからキューバに飛び、1月22日まで身を置いた。首都のハバナに訪れてみると、思った以上に物が溢れていて驚く。原宿の竹下通りのような人込みの通りに入ると、左右に様々な店が並んでいる。人々はそこでお金を支払って買い物をしており、それを見る限りでは日本を含めたその他資本主義の国となんら変わらない。

キューバには人民ペソとcucという2つの通過が流通しており、簡単に言えば人民ペソが現地人用、cucが観光客用らしいのだが、現地人もcucを使って買い物しているし、観光客も人民ペソで買い物出来る。

「平等」や「配給」がキーワードだった気がするが、社会主義ってなんだったっけ?人々の身なりを見ても、同額の所得とは思えなかったし、一番初めの大きな疑問だった。

R0012521

R0012255

R0012379

336×280

336×280

-キューバ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

ハイチ地震と愛知

キューバの首都ハバナの宿で、宿主のアニータが見ているテレビに倒壊した建物の様子が映っていた。一緒に見ていると地震だということが分かる。 「これどこ?」 とアニータに聞くと 「愛知」 だと言う。 ん? …

キューバの景色と自転車旅

キューバの宿と自転車旅

キューバでの宿は一般の家庭であった。とは言っても、どのキューバ人の家に泊まれるわけでもなく、政府に宿泊場所として登録している家である。立地や朝食、夕食のあるなしで15cucから30cucくらい。フラン …

キューバ人の写真と自転車旅

キューバの食べ物と自転車旅

一番始めに食べたご飯。大衆食堂みたいなところで50人民ペソ(250円弱)でビール付。なかなかのボリューム。 基本的に人民ペソ(現地人用の通貨)で売っているものが安い。3人民ペソ(15円弱)。 これは一 …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。