takahirosuzuki.com

地域おこし協力隊、田舎暮らし、漫画、ボードゲーム、謎解き、自転車世界一周について書いています

チリ

チロエ島の教会と家[チリ]

投稿日:2010年4月19日 更新日:

R0015759

R0015808

R0015812

犬が紛れ込んで教会内を走り回っている中、祈りは続けられていた。子供たちは気になってしょうがないらしく、皆犬に気を取られている。なんだか滑稽であった。

R0015830

チロエ島では16の教会群が世界遺産に指定されている。西洋と古来の建築様式の融合が理由のようだが、実際、洒落た教会が多かった。

R0015774

しばらくの間、水面に映る色とりどりの家に目を奪われた。

R0015795

自転車と共に一枚。

R0015816

立ち並ぶカラフルな家はチロエ島の特徴。

336×280

336×280

-チリ
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

一人旅について

ずっと憧れていた。「1人」で旅をすることに。 大学に入ってから旅に、特にアウトドアにのめり込んだものの、1人で旅をすることはほとんどなかった。いつでも付き合ってくれる仲間がおり、非常に恵まれている環境 …

no image

チロエ島のカストロ(castro)[チリ]4月9日現在地

旅を初めてから144日目。 南北に細長いチリの真ん中らへんのチロエ島にフェリーで渡ってきました。見かける人の数、車の数もぐっと増えました。 アウストラル街道で最も大きな町のコイアイケに滞在した日とチリ …

チロエ島自転車旅[チリ]

自転車で南米のような大きな大陸を旅していると、時として同じような景色がずっと続くことがある。似たような道、町が繰り返される。新鮮さが薄れ、飽きを感じるようになる。 しかし、毎日に違いは必ずあるのだ。空 …

アウストラル街道を自転車でゆく

雨が薄い壁を叩く音、風が背の高い木々を揺らす音で目が覚めた。重いまぶたを上げてみるが、まだ闇だった。再びまぶたを閉じるが、なかなか寝付けないでいると、隣からいびきが聞こえてきた。この夜、僕の左隣には2 …

自転車とパタゴニアと向かい風[チリ プンタアレーナス]

喫茶店でコーヒーを片手に休んでいた。肉体的な疲労もあったが、どちらかというと精神的な疲れが大きかった。窓越しに外を眺めると、旗がなびいていた。なびいていた、とは控えめな表現で、実際はバタバタバタバタと …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。