アグリコラの戦略とドラフト ~戦記1:早期増員が鍵~

ボードゲームのアグリコラにはまっており、1ヶ月ぶりにプレイしてきた。5人アグリコラ(5グリ)10戦目で初の50点代をとり気持ちが良かったので、もう一度やりたいと願っていた。モチベーションがかなり高い状態で参戦。結果は3戦2勝と予想以上の出来であった。

1戦目はアグリコラが始めての友人との共同プレイ。職業がパトロン、倉庫番、毒見役からの本棚、石切り場でいい感じに食糧基盤ができて48点。増員のタイミングや倉庫主を出すタイミングに反省点があって、そこらへんを変えていれば50点超えたような気がする。5番手1位。

2戦目は自分のみでプレイ。ピックした職業について後でアドバイスをもらうために写真を撮った。早期増員をして2ステージをパトロンでしのぎ、3ステージからは露天商の女で食べていくプラン。回るのかが心配であったが何とか食べていけた。51点で3番手1位。

5ラウンドで増員が出たことと畜殺場がよく働いたことは運が良かったけれど、ラウンド9にめくれた野菜に踏めなかったという間の悪さもある。結果として食糧が足りたのはラッキーだったのか。早期増員の価値を知った一戦。

「屋根がけ」「畑」をピック。

「露天商の女」「個人の森」をピック。「井戸掘り」「村の井戸」と悩んだ。そっちのほうが安定感があった気がする。「個人の森」を回すと序盤でスタプレを下家が取ることになりそうなので嫌ってみた。

「族長の娘」「畜殺場」をピック。「ネズミ獲り」がいたので早期増員したほうがいいことと、早期増員から石の家を目指すくらいしかやることがなさそうだったので「族長の娘」を選ぶ。「族長」も一緒にいるしね。ここで引いた「畜殺場」が10飯以上降らせたので、結果的に万々歳であった。

「居候」「レタス畑」をピック。ここで「居候」を引けたのがすべてだったかも。「レタス畑」はかまどや調理場がなければ、収穫した野菜を食べられないと思っていた。

「脱穀職人」「三つ足やかん」をピック。両方出さなかったけど、出す局面が訪れる可能性はあったので、悪いチョイスではなかった。

「調教師」「舗装道路」をピック。

「猪猟師」「石の家増築」をピック。というかノーチョイス。

出来上がった盤面。「族長の娘」はラウンド13にて自分で出した。「族長」は最後まで出てこなかった。51点。

3戦目は写真を撮りわすれた。ぼろぼろの25点。葦買付人+葦狩り、ネズミ獲りでフルボッコにされた。ピックに反省点があるのと、ドラフトで葦買付人が見えていたのだから、初手は「木こり」ではなくて「出来高労働者」を出せばちょっとは変わっていたかも。

そもそも2戦を2勝で終えて気持ちいいところで帰らなかったのが最大の敗因。引き際が人生を決めるよね。

そんなわけで10戦1勝だった戦績が13戦3勝となった。ちょっとずつ成長している気がする。

アグリコラの戦略

アグリコラの戦略 ~初心者脱却への道~
アグリコラの戦略 ~初心者脱却への道2~

「クー」というゲーム

アグリコラを終えたあとにやった「クー」が面白かったので紹介しておく。心理的な駆け引きと推理をするゲーム。

クー 日本語版

クー 日本語版
クー 日本語版

posted with amazlet at 13.06.17
ニューゲームズオーダー
売り上げランキング: 21,367

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です